© 2019 山本幸恵 Ofiicial Site All Rights Reserved.

CONCEPT

原点~美容師

 

そもそも、私が美容師になろうと思ったのは、母親の存在が大きく影響しています。私の母は30代で婦人科系の大病を患ったのをきっかけに、髪の毛が一気 に抜けてしまいました。その後も、母の髪の毛は増えることなく徐々に減ってしまい、恥ずかしくて人に見せたくないと、美容院にも行かなくなりました。

私は そんな母の姿を見て、「それなら自分が美容師になって絶対にお母さんを綺麗にして喜ばせるぞ!」と決心したのです。小学4年の時でした。もともと、何かを クリエイトすることが大好きで得意でしたし、それが人の美しさとなれば、なお面白そうだと思ったのです。

その後もその思いはずっと変わらず、子供の頃の夢を叶えるべく美容師となりましたが、私はスタイリングよりもむしろ、シャンプーやヘッドマッサージのよ うに、直接相手に触れる施術の方がほうが楽しく、また大得意でした。不思議なことに、シャンプーやマッサージをしていると、その方の気になっているところ や辛いところに手が呼ばれていくような感覚があったのです。

 

結果、サロンでもシャンプーのご指名を多くいただいたり、常連のお客様からも、肩もみのアルバイトを懇願されるほどでした。

気づき~二十歳

そんな20代初めのある日のこと。突然、ふと心の中に漠然とした思いがよぎりました。

「私は生まれてくる時に、何か使命を全うしようと決めて気がする・・・」

思いというよりは、思い出す感覚に近かったかもしれません。ところが、考えても考えても、肝心なその使命が何だったのかを全く思い出すことができないの です。そこからの私は、妙な焦燥感と共に、自分の使命探しのような意識を常に持ち続けていました。探すといってもどこを探せば答えに近づくのか見当もつか ず、当時はインターネットなどの情報網や情報源が無かったので、どこかにヒントは無いものかと、カテゴリーは問わず、気になった様々な本を読み漁りました。

今振り返ると、氣やエネルギーなどの精神世界、森羅万象・天地万物の理、神道や宗教、人間啓発、心理学、また、アロマテラピーや香粧品化学など、その頃 に得た知識が全て今に結びつく事になるのですが、当時の私はとにかく興味のある事に関する情報を得て、自分がこれから出発すべく『使命探しの旅路』に備えていたように思います。

天職ではなく、天命

その後、紆余曲折しながら15年の余りの月日が巡り、頭部という共通点はあれど、美をクリエイトする美容師ではなく、人を癒すセラピストという人生を選択し、2006年に東京白金台にオーナーセラピストとしてヘッドスパ専門サロンをオープンしました。きっかけは、当時、夫がストレス性の高熱で倒れた時 に、私がヘッドマッサージを施したらあっという間に治ってしまったことからでした。初めは、美容師の頃に携わったヘッドスパというメニューを特化して、 ヘッドスパの3大定義である「リラクゼーション」「髪のトリートメント」「頭皮環境保改善」を打ち出してメニュー展開を始めましたらが、徐々に、施術を受 けていただいたお客様の多くが、頭の凝りをほぐす事で表情が明るくなり、「身体だけではなく気持ちまでもが楽になった」「呼吸がしやすくなった」などと話 してくれる事に気付き始めました。更に、ほどんどのお客様がヘッドマッサージだけでお顔がリフトアップして若返るのを目の当たりにし、私はなぜこんな現象 が起こるのか不思議に思い、どうしてもその答えを見つけたくて、日々仮説と研究・立証を繰り返し、『癒し』をテーマに、技術・ホスピタリティを追求し続け ました。

そしてついに、頭を正しく癒す事は、身体の司令塔である脳を癒す事に繋がる事、また頭にはその人の心の状態がレコーディングされている事、そして、お顔 の筋肉と頭の筋肉の密接な関係が分かってきました。また、常に頭の硬さやむくみ方と向き合っていくうちに、いつしか人の頭に触れるだけでその人の考え方の 癖などがわかるようにもなってきました。そして、それを世に伝え、後世のセラピストを育成するために理論化し『深頭筋ヘッドセラピー』を確立しました。

ここにたどり着くまでに優に20年程かかりましたが、その間、本当に苦しい事、辛い事の連続で、何度もやめてしまおうと思う事もありました。それでも、 どんな時でも、試練とは今自分が乗り越えるべき課題だと思って受け入れ、そこに向き合う事だけはやめませんでした。そして、答えは常に外側を探しても見つ かるものではなく、すべて自分の内側に存在している事を学びました。

こうして私は、人を通じて、またヘッドセラピストという仕事を通じて自分自身と向き合う事で、ようやく一つの答えにたどり着きました。そして、それこそが自分の使命だと実感するようになっていたのです。

『頭にはその人の本質が現れている。頭を癒すことはその人の本質に触れて根本を癒すこと。そして、ただ癒すだけではなく、そのメカニズムを知り、頭の癒しの理論を確立して、技術と一緒に伝えていくこと』

『使命』を超え『天職』も超えて、今では私はこの仕事を『天命』だと感じ、そう思える事に出会えた事に感謝しています。

そして、この仕事を通じてすべてのご縁を大切に、これからも更に進化し、たくさんの気づきと学びを経験していきたいと思っています。

1.深頭筋マッサージ®とは
2.深頭筋セラピーとは
Show More